物件選びで失敗しないために必要なこと

周りの環境をチェックする

賃貸物件を選ぶ際、より良い部屋を見つけるためには、チェックすべき点がいくつかあります。
まずは、周辺の環境をチェックするということです。飲み屋街であったり、夜中でも人が集まるような公園が近くにある場合には、安眠を妨害される恐れがありますので避けた方が良いでしょう。住宅街が広がっていたり、学校が多い場所などは、夜は静かですので安眠出来ます。
また、駅から自宅までの道のりに、コンビニエンスストアやスーパーやドラッグストアといった便利な店が並んでいた方が、何かと便利です。駅からの距離もポイントとなってきますので、天候が悪い日でもストレスを感じずに駅まで行くことが出来るような立地を選びましょう。夜道の安全度も必須チェックポイントです。

部屋の中はくまなくチェック

続いて、賃貸物件の部屋の中をチェックするポイントをいくつか紹介したいと思います。
まずは、壁の厚みです。壁が薄いとどうしても互いの生活音が聞こえてきてしまいますので、ストレスが溜まってしまいます。そうならないためにも、壁の厚みは必要なのです。軽く叩いてみて音が反響しなければ、基本的な厚みはクリアしていると思って良いでしょう。
続いて、収納スペースの大きさです。一人暮らしでも家族での生活でも、人が生きるためには多くの「物」が必要になってきますので、各部屋に収納スペースがあることを確認しましょう。収納が少なければ、ムダな家具を購入する羽目になるかもしれません。特に、寝室とキッチンにおける収納は重要です。

帯広の賃貸では、ワンルームをはじめとしたコンパクトな間取りの物件が充実しており、一人暮らしに最適です。